首都大学東京大学院 理工学研究科 English 首都大学東京 理工学系/理工学研究科

ノーベル賞2015(ニュートリノ)

理工学研究科物理学専攻 特別セミナー

「ニュートリノ振動の発見」の意義

2015年ノーベル物理学賞は、ニュートリノ振動の発見により、梶田隆章氏とアーサー・B・マクドナルド氏に授与されることとなりました。

授賞理由となったニュートリノ振動について、首都大学東京が取り組む実験の紹介も交えながら、学部学生にも理解できるように、物理学専攻の教員がやさしく解説しました。

日時:2015年10月15日(木)17時30分 18時30分

場所:首都大学東京南大沢キャンパス11号館204室

17時30分〜18時10分 安田修教授

  「2015年ノーベル物理学賞の簡単な解説」

   講演に関する補足(振動確率の導出等)

18時10分〜18時20分 角野秀一准教授

  「首都大が取り組む加速器と原子炉を用いたニュートリノ振動実験 :加速器を用いたT2K実験」

18時20分〜18時30分 住吉孝行教授(本学副学長)

  「首都大が取り組む加速器と原子炉を用いたニュートリノ振動実験 :原子炉を用いたDouble Chooz実験」


 

所在地
東京都八王子市南大沢1-1

電話番号
042-677-1111(代表)

首都大学東京大学院理工学研究科
物理学コース 物理学専攻