首都大学東京大学院 理工学研究科 English 首都大学東京 理工学系/理工学研究科

研究

物理学専攻年次報告はこちら

本専攻では、学部受験生・大学院受験者向けの研究室訪問を歓迎、受け付けています。 申し込みフォームはこちら

首都大学東京物理学教室案内

都市教養学部 理工学系物理学コース・ 大学院 理工学研究科 物理学専攻

物理学は自然の根源を追究し、そこで得た知識を応用する学問です。本物理学教室の研究分野は、超ミクロな素粒子から日常的なサイズの物質系、また超マクロな宇宙までの広範な系をカバーしています。研究内容は大きく理論系と実験系に大別でき、テーマ別に16の研究室を構成して研究教育を実施しています。

「素粒子理論」研究室

教授 安田 修、助教 北澤 敬章

素粒子物理学はこの宇宙に存在する物質構造の奥底を明らかにすることを目的とする学問です。スーパー神岡実験や極く最近のカムランド実験で発見された微小なニュートリノ質量が意味するもの、レプトンフレーバー混合の全体構造解明への実験的探索法、特に原子炉ニュートリノを使う方法の理論的研究、5桁にわたる大きな階層性をもつ基本粒子の質量の起源、近年発展をとげている統一理論に向けた試みなどの広汎なテーマに関する研究を海外の研究者も含めた共同研究によって精力的に追求しています。

「高エネルギー理論」研究室

准教授 セルゲイ・ケトフ

当研究グループでは、素粒子の弦理論とその超対称性を研究しています。弦理論は量子重力を含み、素粒子から宇宙創生までの統一的な理解を可能にする唯一の理論と考えられています。超対称性は異なる統計に従う粒子の間の基本的な対称性で、この対称性が満たされる場合にのみ矛盾のない弦理論を作ることが出来ます。研究は米国、ドイツ、ロシアなどの外国研究チームと共同で進めています。

「原子核ハドロン物理」研究室

准教授 慈道 大介

原子核を構成する陽子や核力を媒介するπ中間子など強い相互作用をする粒子はハドロンと呼ばれ、量子色力学が強い相互作用の基本理論として確立して以来、クォーク・グルーオンの動力学として理解されることが課題になっています。本研究室では、多種多様に存在するハドロンを、カイラル対称性やフレーバー対称性の観点から系統的に研究するとともに、新たなハドロン状態の予言やハドロン相互作用の解明を目指しています。また、原子核中でのハドロンの性質から、量子色力学の真空構造の理論的研究を進めています。

「宇宙理論」研究室

教授 政井 邦昭、助教 佐々木 伸

量子力学・統計力学・相対論などの基礎的な物理学を基に、銀河・銀河団の形成と進化など宇宙の構造形成の問題や、中性子星・ブラックホールや超新星が関わる高エネ ルギー現象の解明に取り組んでいます。また、それらの研究の基礎となる、粒子加速 やX線・γ線放射などの物理素過程の研究も行っています。

「非線形物理」研究室

教授 首藤 啓、助教 田中 篤司

量子力学の支配するミクロな物理過程から、広くは生命現象まで、非線形の世界が共通してもつ数理的な構造を解明する一方で、複雑・多彩な自然現象に対する新しい解析・理論の方法論を作り上げることが非線形物理学の目指すところです。具体的には、力学系におけるカオスの問題を中心に、非線形動力学の研究を行っています。特に、解析的な解を求めることができない「非可積分な系」の古典、および量子論におけるカオスの役割を様々な方向から探っています。

「量子凝縮系理論」研究室

教授 森 弘之、准教授 荒畑 恵美子、助教 大塚 博巳

私達の身のまわりの物質は、無数と言っていいほどの原子核と電子からできています。そこでは粒子同士が影響しあうために、個々の粒子からは予想のつかない多様な性質を示します。このことを統計熱力学、量子力学を基礎に理解し、体系化し、さらに新しい物性を予言することが、凝縮系物理学研究の役割です。本研究室では、このような多体効果に関連する様々な現象を取り上げ、そのミクロな機構やマクロな特徴の解明を目指す研究を行っています。具体的には、臨界現象、低次元量子系、冷却原子気体、ボーズ・アインシュタイン凝縮、超流動、超伝導などを、解析的な方法や計算物理学的な方法で研究しています。

「強相関電子論」研究室

教授 堀田 貴嗣、准教授 服部 一匡

物質が持つ性質、すなわち物性は驚くほど多様であり、一見したところ、それらを統一的に理解する方法はないように思われます。しかし、原子や電子の階層から出発すると、物性が統一的に捉えられることが長年の研究から明らかになってきました。このような方向で物性を研究する学問が物性物理学であり、特に計算を手段として、実験事実を参考としながら物性に関する理論を構成するのが物性理論です。本研究室では、遷移金属化合物、希土類化合物、アクチノイド化合物などの強相関電子物質を対象に、電子間の相互作用が本質的に重要な役割を果たす多体電子系を場の理論や数値計算手法を駆使して解析し、磁性や超伝導の理論的研究を行っています。

「高エネルギー実験」研究室

教授 住吉 孝行、准教授 角野 秀一、助教 汲田 哲郎

国際共同研究としてフランスの原子炉を用いたニュートリノ振動実験(Double Chooz)を遂行するとともに、大型の電子・陽電子衝突型加速器(SuperKEKB)を用いた素粒子実験(Belle-II)の準備を行っています。これらの実験によって、物質の究極構造や物質・反物質世界の違いなど、最先端の研究を行っています。また、岩塩鉱を用いて宇宙から降り注ぐ超高エネルギーのニュートリノを捉えるための基礎研究や、ニュートリノを放出しない二重ベータ崩壊事象の探索など、小規模ながらユニークな研究を推進しています。一方、ポジトロニウムの稀崩壊事象の探索など、学内施設を用いた学部生主体の実験も行っています。

「原子物理実験」研究室

教授 田沼 肇、助教 古川 武
客員教授 東 俊行 (連携大学院:理化学研究所)

原子物理学では,様々な自然現象の基礎となる基礎となるミクロな原子や分子の構造や動的過程を扱います。本研究室では,多種多様なイオンビームを用いた衝突実験を,自らが開発した装置を用いて行っています。100万度のプラズマによって原子から電子を剥ぎ取り多価イオンを作って太陽風に含まれるイオンが宇宙空間で起こすX線放射を再現したり,電場だけでイオンの運動を制御して1周7.7mの周回軌道に蓄積できる装置を用いて星間分子イオンの性質を調べたり,極低温気体中でイオンを超低速で漂わせて1meV程度の低エネルギー衝突を実現したり,理化学研究・鰍ニの共同研究では学外の加速器を用いて光速の70%程度の高速重イオンが結晶を通過するときに起こる共鳴励起を観測したり,その他にも様々な研究を精力的に推進しています。

「宇宙物理実験」研究室

教授 大橋 隆哉、准教授 石崎 欣尚、准教授 江副 祐一郎、
助教 山田 真也
客員教授 石田 学 (連携大学院:JAXA)

宇宙はどのように進化し、星や銀河はどうやって作られてきたのでしょうか。こうした疑問に答えるために、X線やγ線で宇宙を観測するとともに、科学衛星に搭載する新しい観測装置を開発しています。研究対象は、時空の特異点ブラックホールを含む天体から、ダークマターが支配する銀河団にまでおよび、宇宙理論グループとの共同研究も進めています。技術開発では、2005年打ち上げの「すざく」衛星搭載機器、極低温で動作するX線マイクロカロリメータ、高い集光力を持つ薄板型X線反射望遠鏡などの開発を進めています。

「電子物性」研究室

教授 青木 勇二、准教授 松田 達磨、助教 東中 隆二

ある種の物質は、それを構成する多数の電子間の強い相互作用により、個別の電子の特性だけからは予想できない興味深い振舞いを示し、強相関電子系と呼ばれます。我々の研究対象は、充填スクッテルダイトなどの新規化合物における、新しいタイプの超伝導、電子軌道の秩序、カゴ内原子の局所振動、フラストレーションから、ナノテクノロジーにより作製された微細な磁性体の示すスピン依存伝導現象にまで広がっています。純良な新物質育成からスタートし、極低温までの電子物性測定や、学外施設での中性子X線散乱、強磁場実験などを駆使し、新しい物性の開拓とその機構解明を目指しています。

「粒子ビーム物性」研究室

准教授 門脇 広明

波長数オングストロームの中性子線、X線を物質に入射させ、そこで起こる弾性散乱、非弾性散乱を観測することにより物質の運動状態、磁気的性質、構造等を調べています。この散乱実験方法は、物質のミクロスコピックな情報が直接得られるため、物性研究の手段としてユニークかつ面白い。様々な研究対象:絶対ゼロ度で起こる量子相転移、カーボンナノチューブに吸蔵された分子が示す低次元物性、フラストレーションが起こす新しい相転移、強相関電子系における磁気揺らぎ等を、日・仏・英・米国の研究グループと協力して行っています。

「ナノ物性」研究室

教授 真庭 豊、准教授 宮田 耕充、助教 坂本 浩一、助教 中井 祐介
客員教授 片浦 弘道 (連携大学院:産総研)

炭素原子のネットワーク構造であるフラーレンやカーボンナノチューブ、グラフェンや遷移金属ダイカルコゲナイドなどの原子層物質が拓くナノ構造による新しい物質科学に特に興味を持って研究しています。またカーボンナノチューブに吸蔵された分子が示す低次元物性、ゼオライト、超伝導、フラストレーション系などの幅広い対象についても、基礎、応用の視点から、様々な実験手段:放射光施設(PF、SPring-8)におけるX線回折、原子力研究所における中性子回折、磁気共鳴(NMR)、電気抵抗、帯磁率などを用いて物性を解明しています。

「表界面光物性」研究室

教授 柳 和宏、助教 蓬田 陽平

ナノスケールは、分子・原子のミクロな世界と人為的な操作が容易なマクロな世界とを橋渡しをする、非常にユニークな領域です。ナノスケールで秩序ある構造を備える物質では、その構成要素が無秩序に存在する場合では見られない新規な性質を発現します。カーボンナノチューブや光合成色素蛋白複合体などが、その一例として挙げられます。ナノスケールで初めて発現する物性や、ナノ物質が更に高次の集合体となることによって発現する物性に興味を持って研究を進めています。その物性を解き明かし制御する上で必要となる技術開発も行っています。極めて高純度なナノ物質を作製・精製し、レーザー分光など分光学的手法を主として用いてその物性の研究を行っています。

「ソフトマター」研究室

准教授 栗田 玲、助教 及川 典子

ソフトマターは液晶ディスプレイ、タイヤ、プラスチック、薬品カプセルといった産業分野から泡、マヨネーズといった生活分野まで広く使われているにも関わらず、これまで経験則がメインであり、系統的な理解がいまだに得られていません。特に空間不均一下(温度差や圧力差)があるような現実世界に近い状態における研究はほとんど行われてきていません。そこで、空間不均一下におけるソフトマターの物性を研究し、その機構の解明や新規機能材料の基礎となる構造の発見を目指しています。

「超伝導物質」研究室

准教授 水口 佳一

エネルギー問題解決のカギとなる革新的な機能性物質を開発することを目指し、超伝導体や熱電変換材料などの新物質探索および物性研究を行っています。特に、層状構造を持つ金属カルコゲナイドを研究対象としており、高圧合成や化学圧力効果等の特殊な手法を駆使した新物質設計・合成を行っています。超伝導機構や熱電性能向上機構の解明を目指し、多重極限での物性評価や国内外の放射光施設を利用した結晶構造解析を行っており、国際共同研究にも力を入れています。

所在地
東京都八王子市南大沢1-1

電話番号
042-677-1111(代表)

首都大学東京大学院理工学研究科
物理学コース 物理学専攻